スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮気性

どうにも落ち着きません。

どうも、七誌です。2作品を並行して作っております。
エルヴァス冒険記と、ルートヴィッヒ。実はこの作品関連性が
あるんですよねぇ。片方飽きたらもう片方って感じで
作ってますが…そりゃ進まないわな、うん。

というかアレですね、黒歴史の少女アレックスの旅。
レビューってか感想ってか何も言われてませんよね。
まぁストーリーがゴミクズ
シナリオなのは認めますが、他の面は…評価されても…っ!!
されないか、うん、されないね。
その程度のクオリティってことですもんね。仕方ないね。
悔しいので別の方のレビュー書いてきました。
…ヒドいことは書いてませんよ?七誌は褒める系ですから。
あまりにもイラっとくる作品ならボロクソに
書くかもしれませんが、そんなもん投稿するのは七誌ぐらいですよ。

ルートヴィッヒはもしかしたら1週間で完成するかもしれませんね。
と言って毎回予定の2倍は軽くかかってる、計画性のないヤツですが。
あん?ルートヴィッヒがどうしたって?

「ルートヴィヒ」が正しいのは知ってますよ。
そうなるとFineGirlの方もエルヴァス冒険記の方もいろいろ書き換えなくちゃ
いけなくなるので
「ルートヴィッヒ」でゴリ押しします。
意地でも認めない頑固さですね。コンコルドの失敗ェ…

シナリオをほぼ確実に固めました。ルートヴィッヒもエルヴァスも
涙腺もろい方ならおそらく両方泣けるシーンがあります。
「人が死ねば泣くんだろ?」という安っぽいシーンじゃありません。
ルートヴィッヒでは「気付き」エルヴァスでは「変化・成長」
そんなものを主にシーンを組んでいます。まぁまだ実際に
作ってはいませんが。

某映画監督が言っていました。
「命は大切だ、と直接伝えても何の意味もない。
映像、音、声、そういったもので自然とわからせる
ことでそのメッセージはより深く伝わる。」

まぁうろ覚えですけど。


しかし金八先生では、直接言葉で語りかけています。
しかし、しっかりと気持ちは届いています。
この両者の共通点はなんでしょうか。

それは「心に響く」
ということなんだと思います。んなもんわかってるよ、失せろクズ。
なんて思う方もいるかもしれませんが。
それはわかっていてもなかなかできないことです。
だから自分は心に響くシーンを作ってみたい、そう思います。
まだまだ演出もストーリー構成も
小学生の落書き帳以下レベルですが、少しずつレベルアップしていきたいですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

七誌二世

Author:七誌二世
ノース・アイランドゲーム制作日誌へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。