スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれて初めて…

ノベルゲーをやってみました。
なんか世界が変わりました。


1週20分程度ということなので軽い気持ちで
やってみましたが…絵のきれいさも感動しましたが
笑える部分もあり…なんだかジーンとくるものもあり
すごく…なんか感じました。

自分のレベルの低さも痛感しましたorz

七誌の作るもののすべてが
長々とムダなセリフがウザいし楽しくないしプレイヤーを
バカにしてるとしか思えないヒドい話ですからね。
アレをやってなんだかまた痛感させられました。

短いセリフの中でしっかりと世界観を見せ、それを
プレイヤーに感じさせる手法は本当に素直に感動しました。
BGMの使い方もとてもよくスッと話に入っていけました。
主人公の目的は単純明快。そのためにどんな選択肢を
選んだらいいんだろう?と悩ませる秀逸な選択肢でした。

以前自分でも反省した
「押し付けがましく、つまらない」
という自分の手法はいまだに直っていなかったようです。
数日後に公開する
勇者様と元魔王様~雪国ディアーナ珍道中~
もまたもう一度プレイしてみるとクセが出てましたね。
あまりにもひどい。三つ子の魂百までと言いますが
この腐ったヒドいクセは直したいですね。

もっと短いセリフでプレイヤーの心に響く
そんなストーリーにしていこう。
…と思えどもそう簡単に直らないと思いますが。
あと雰囲気をBGMに頼るクセもダメですよね。

作る気が起きないときは他の人の作品を
やってみるのもアリだなぁと思いました。
エルヴァス冒険記のテーマはあくまで
「ゲーム」です。ストーリーのテーマは若干違いますが
言葉に出さずとも伝わるよう努力します。
これは七誌が自分に課す宿題…かな?
これはまぁ七誌の現在の最大の目標ですが。

今までのようなウザセリフ+演出では絶対にダメだし
せめてもっとマトモな構成にしたいですね。
MinimamStory(スペルが違うのは知ってる)
のリメイクもしたいですし
SRPGもつくりたいですし
今考えてるボードゲームもしっかり案を固めて
作りたいですし…
どんだけストックあるんだって感じですけどね。

あとは他のゲームのレビューなどもなんとなく
見て思いましたが…うむ…
自分の話は「ありきたり+つまらない」
の融合なのではないかと思いました。
自分は王道のファンタジー世界で1つの歴史の流れの中で
繰り広げられる物語を断片的に出すという
手法で作品を作り公開しているわけですが
(MinimamStoryはなかったことにしてますがw)
そのすべての物語に共通してあるのが
「ウザい演出」です。それを取り除き
プレイヤーを引き込むためにはどうしたらいいのか。
まだ七誌には答えはわかっておりません。

でも今日やったノベルゲーにその答えはありました。
答えは目の前にあるのにそれをまねすることも
具体化して自分で生かすことも…できないわけです。
もう少し悩まなければ見つからないのでしょうね。

エルヴァス冒険記はきっと面白いゲームになる。
その根拠のない自信のもと作り続けてきましたが
それは大きく崩れました。1からやり直したいと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

七誌二世

Author:七誌二世
ノース・アイランドゲーム制作日誌へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。