スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作公開!!

また黒い歴史を放出してきました。

どうも、七誌です。
ツイッターでいつもアホな話に付き合っていただいている
ファービー大好きな方には序盤はそれなりに
好評でした。序盤はね。
中盤以降シラネ。だって今やってんだもんっ!

最近はSSなくて申し訳ない。いろいろ事情がありましてですね。
最近ほとんどツクってないんです。
引っ越しの準備もそうですが、やる気が起きなくて
ストーリーの練り直しか参考書読んでヒマつぶしてるか
犬と遊んでるかのどれかなんですよね大体。

そんでもってまた真面目な話になりますが
カレーっておいしいですよね。
でも「カレーライス」を生み出したのは日本だとか。
まぁ常識ですが、日本はただ異国の文化を
取り入れるだけでなくそうやってオリジナリティを
加えて新しい(?)ものを作り出せる国…文化なんですよね。
現代ではそんな感じはないっちゃないですが。
だからどうした
って話になりますが。

んでは本題入りますがカレーって(ry

笑うって、どういうことだろう。なんて考えたんですね。
ニコニコ動画でいつも爆笑している動画を
コメントなしで見て見たら、笑う箇所が半減しました。
動画のコメントで、的確なタイミングで
的確なコメントをパッ!と出す、その
秀逸なテクニック(?)が笑いを誘っているんだと
感じましたね。

文字を「読む」
動画を「見る」

この2つを並行して出すことによって
「笑える箇所」がかなり拓かれる。

ゲームも動画も目と耳しかほとんど使いません。
(コントローラーを動かすというのはちょっと置いといて)

「絵」「音」「文」
それぞれを見る・感じるときは脳の動かし方が違います。たぶん。
脳をおなじようにしか動かせないような仕掛けのみで
笑わせるのは七誌には難しい。

だから、そのすべてを使ってすごい!とか
面白い!とか思わせることが大事なわけです。
逆に音や文章、絵を出さないことにより
凄味を出すという逆転の発想もあるわけですが
今のところ七誌はそんなレベルには達していないので。

そんなわけで毎回ハチャメチャギャグなわけですが。


ただシナリオは結構真面目なベースになっているんですよね。
それをギャグで覆い隠して、その鱗片を少しずつ感じさせる。
FineGirlでも今作でも、少女アレックスでも
「全て」がラストの伏線や関連付けになっているわけです。
途中で終わってしまいましたがおばけやしきの
話も実はリアン救出への手がかりでしたしね。

あん?サンダーじじいとかはちがいますぜ。

七誌の作品のメインテーマはそれぞれ違いますが
サブ(?)テーマはいつだって同じです。
そこは変えないのが七誌なんですけどもね。

おそろしく笑えるギャグを入れ
一流のストーリーを目指す。
それが七誌も今の目標ですね。まだストーリーは
三流…いや、三流に失礼か。それ以下ですが
いつか絶対プレイヤーを1つの作品で
腹がよじれるほど笑わせ、涙が止まらないほど
泣かせてみたい。

まーだまーだまーだry
先の話ですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

七誌二世

Author:七誌二世
ノース・アイランドゲーム制作日誌へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。