スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存報告と4月からの新生活について

新生活の段取りがどんどん進んでおります。
どうも、七誌です。札幌の予備校に通うことにしまして、現時点で
30万学費免除をもらっております。そんでもって自分はイヤだといったのですが
予備校の寮に入ることになりました。近くのボロくて安い下宿とかで
いいと言ったのですが…。こんなダメ息子に無駄な金はもう使ってほしくない。
まぁ、だったらさっさと合格しろって話だったんですけどね。
落ちてしまったものは仕方ないですし…とりあえず来年度には
大学に合格できるようにしたいと思いますね。結局就職も
見つからなかった、という感じです。

大きな地震もありまして、更新を控えておりました。
ですが、Twitterでとある人のつぶやきに
「歌うことも笑うことも不謹慎ではない。
本当に不謹慎なのはデマを流したり
混乱に乗じて人を困らせたり自論を押し付けたり
することだ」というような文がありました。

まぁ…たぶんもっと良いこと書いていたんでしょうが
七誌はアホの子ですので完全には覚えておりませぬ。

それでこれを見たとき、今自分にできることは
なんだろうと考えて、それは届くはずのない自粛と
いうことではなく、行動することなのだと気づかされました。
なけなしの金ですが募金をしましたし、PC使うことも
ありましたが、なるべく暖房は切ってました。
まぁ、偉そうに言えることではありませんがね。

それからツクラーとして自分ができること。それは
一瞬でものめりこんで夢中になれるゲームをつくること
だと思いました。
被災してる人にゲームをしろ?ふざけんな馬鹿が。
と思う方もいると思いますが、そういった人たち
だけでなく、放射能だとか…余震だとか…
混乱に乗じたピンポン犯罪だとか…
そういった不安を一瞬でも忘れたいと思う人だって
いると思うんです。
だから作る。まぁ自己満足も結構な比重を占めてるわけですが。

短編の案はまだまだあります。
ルートヴィッヒの話もそうだし、以前挫折した話を
もう一度掘り返したり…。たぶん10個くらいはあります。
それから少年ブラックとホラゲーと宝玉の話と…
まだまだ尽きることはありませんね。
KGCさんの地形タグ編集ソフトが64ビットPC未対応
だったので…仕方ないですがいつか本格的にプログラムの
勉強をして、自作してみようとも考えています。
まぁたぶんできないけど、余裕ができたら…ね。
その地形タグ編集ができるようになったら
ボードゲームの構想も練れてますのでそれもやりたいな、と。
なんだかんだ言ってやりたいことはかなりありますねw
絵さえ描ければなぁ…。
頭の中で描けてはいるんですけど…ね。
実際描くとこれはひどい状態ですしw

やっぱ自己満足の比重はかなり大きいですね。
でも自分の作品を遊んで、楽しいと言われたい。
それから楽しませたい。そんな気持ちも結構あったりですね。

まぁそんなことも新生活は
許してはくれませんが。


ネットつなげません。個人契約しろと言われました。
近くに無線LANつなげる環境があるので
それを利用し、ちょくちょく更新することにします。
それから1日何時間も制作にはかけられないので
新作も…出せる…のかな?という感じになっちゃいそうですね。
とりあえず4月に入ったらHP更新は止まっちゃうと思いますが
制作日誌はケータイから更新しようと思います。

あー、なんかまとまりないな…。久しぶりの更新だもんな。

あとそれから…東電の社員さんの日記…ブロク…そんな感じの
ものを読ませてもらいました。自衛隊の方も東電社員も
本当に命がけで作業にあたっているのだとわかりました。
確かに東電にも国にもいろいろ不備はあったかもしれませんが
今は批判をしている場合ではないと思います。
放射能といった不安もありますが、そこで作業している方は
もっと恐ろしい「恐怖」だって感じているはずです。
俺たちは「なんで避難してんだよ、作業しろ」なんて
言える立場じゃないんです。

大きなことはできなくても、今自分たちにできることをしましょう。
ちっちゃくたっていい。あと買占めやめてください。

もとからあった就職難、景気停滞などの上に災害と
本当に不安だらけですが…だからと言って
自分勝手な行動や他人を批判ばかりするようなことは
やめましょう。絶対に。みんな不安なんですから。

…やっぱまとまりないな、うん。
とりあえず新生活の準備と制作頑張ります。
都会とか怖いです、田舎者には。

うぐああああぁ!

何をトチ狂ったのか
急におっさんのキャラチップが描きたくなりました。

まぁ…結局挫折しましたけどね。服装って結構大変ですよね。
どんなデザインだと中世イメージにマッチするかとか…
美術の勉強的なのしなくちゃいけないのかなぁ。
メタルギアも実際にパナマだとかコスタリカだとか
取材に行ったりしてますしね。

ファイアーエムブレムもヨーロッパのことかなり
調べてるんだろうなぁ。それに比べ自分はさわり程度の
地理と…軽い歴史と…食文化?
そういえば音楽関連の文化的なのをよく知らない気がする。
明日にでも見てみようかな。

あとまた数キャラ完成させましてですね。
まぁクオリティは低いですがとりあえず人になんとか
見せられる程度にはなったと思います。
人のグラは描けないけれどモーションづくりなら
なんとかできるようになりました。

マップの構想もできたし、あとは大詰めの内容を具体的に
考えるだけかな。最後のまとめ…。
ラストシーンだけはもう完璧に固まってるんですけどねw
そこのシーンにいくまでがグダグダだったらどうしようもない。
感動的なもの流しても誰も泣いてくれないだろうし。

そういえばOPも具体的に考えてなかったな。
こういうの見せよう、こういう感じにしようって構想ばかりで
実際に具体化してないよな。

前の小論文の指導でも先生に
「君は面白い発想の種をたくさん持っている。でも
いれすぎてまとまりがなかったり、生かしきれてない。」
って言われたこともあるし…面接指導もらったときも
「自分の意見をはっきり言えている。でも論理の組み立てが甘い。」
とも言われてるし。まだまだ未熟ですな。

王道な話がベースでもプレイヤーを引き込むストーリー。
逃走中を見てたとき、つい見入っちゃたようなあの展開、
見せ方。テイルズシリーズやってても
「ヤバいヤバいヤバい!」ってつい思っちゃったことも
あるもんな。
俺に足りないのはそういう緊迫感とゆるい雰囲気のメリハリかな。
それと…引き込む力。

もう一度ストーリー考え直そう。
ずっとショボい絵ばかり描いてて肝心なことを忘れてたなぁ…。

緊急(?)連絡場所

なんかFC2の掲示板メンテ多すぎだなぁ…。
使いづらいったらありゃしない。
掲示板メンテ中のとき
「こんなクソシナリオ考えやがって…。」
など七誌に連絡したいことがある場合はこの記事に
コメントくださいな。
雑談・感想・バグ報告なんでもござれ。
まぁ代替用ですからね。

チマチマドット絵描いてます。




主人公合わせて
8キャラ作りましたが結構しんどくなってきました。

どうも七誌です。

今日は公立高校の入試でしたね。北海道ではそうですが
他ではどうなんでしょう?あまり他のことは知らんとです。
3年前の今日…友達と喋りまくってましたね。
落着きのない子ですからね。しょうがないです。
そんなもんだから他の教科では大体9割くらいはいってましたが
数学は60点中27点という快挙を成し遂げました。
バカですねー。しかもものすごく簡単な年だったようです。
合計ではまぁ8割以上は行ってましたから一応合格はできたんですけどね。
成績に救われたかな…。何をトチ狂ったのか美術が4でしたからね。
今まで3だったのに。いい思い出ですな。
受験生のみなさん、お疲れ様でした。泣いても笑っても
あとは結果発表を待つのみ、ですな。俺もだけど。

んでは本題。

キャラづくりに関しては
大体ベースのキャラチップをいじってモーション作ったり
することもあるんですが
魔物たちは1から作ってるのでもう大変で大変で…。
いや、人の方も髪の動きやら腕やらで結構色使いに
苦労してたりはするんですけどね。

前々作からゲスト出演であの方も出ちゃったり
するわけですが、まぁ別に誰も期待してないか。
仲間の構成は大体固まってきましてですね。




上から三番目のこのダック・フラッグちゃん。
抱腹絶倒のバカイベントで登場しちゃいます。
うまいこと演出できたらの話ですがね。
またいろいろドット絵描かなくちゃ…。
自分で作っといてなんですが、結構可愛いです。
もっとバカさを出したかったのですが…思ったより可愛くなりました。

まぁ、アレですよね。自分が作ったキャラがチョコマカ
動き回るのを見るのって結構…感動?的な
うれしさがこみあげてくるっていうかね。
戦闘スクリプト素材にもちゃんとキャラが動く
デフォルト設定はあるっちゃありますが、アクション場面は
全部それだと飽きられちゃうと思うので
極力自分でデザイン(?)して動かすようにしています。
個人的にブラックがカッコよくできたと思います。
クレイスの最終スキルはまだ作ってません…しんd(ry

実は色々クレイスのスキルに問題が発生していて
データベースにスキル収まりきるかどうか…っていう
感じなんですよね。
キャラが多いってそれだけ大変だったり…
ま、地道にやりますけどね。

隠しキャラ的なものがあったらいいなぁと思いまして
考えていたらふと面白い案が浮かびまして。

エルヴァス冒険記は完成したらきっと面白いゲームになる。
そう思います。これだけは自信があります。
…絵描く能力ないからシェアウェアみたいなきれいな
ものにすることはできませんが。
他のやりこみ要素・シナリオなどでは負けないように
工夫を凝らしていきたいですね。

目指せ!次のツクールでのエンターブレインからの
サンプルゲーム作成依頼!
…ないかな、うん。ないな。

ま、とりあえず完成したら魔物のキャラチップも素材公開して…
色々まだやりたいことはありますからね。
顔グラ完成したらストーリー作りたいなぁ。
時間はあっても精神的に1日1~2キャラ程度しか
作れませんし。





また気が向いたら短編作ろう。
小学生のころに飛行機乗ってるときに思いついたシナリオに
改良加えた…ギャグゲー。ってダメダメじゃん!

卒業式レポ



高校卒業しました。
…記録上はまだですがね。

どうも、七誌です。
お偉いさんのありがたーいお話や定時制の…
在校生送辞・全日制答辞のはるか上をいく
長さのお話に耐え

ついに卒業しました。あ”-づがれだぁ~…

ちなみにウチの学校、テンション高くても
やることはやるしっかりしてる子が多いので
校則めっちゃユルいんですよね。別の高校では
ケータイ持って来たり校内でつかったらダメとか
そんなところもあるみたいですがこっちでは
授業中以外フツーに使えますしね。

そんなわけで毎年のことだけど卒業式はあまり泣きません。


でも、テンション高いっす。
野球部とか上半身裸になって雪に突っ込んでましたからね。
毎年のことですけど。

んでもって七誌は少林寺拳法部と生徒会執行部だったので
まず少林寺拳法部のほうで花束をもらいました。
寒い中後輩は外で道着を着て待っていました。

去年同じ苦しみを俺らも味わいましたがね。
モットクルシメーヒャハハハハ!…なんでもないです。

そのあとすぐ生徒会執行部のほうに行きまして
花束やら寄せ書きやらもらって写真とりました。

それから柔剣道場に行って(せわしないですな…)
少林寺拳法部の写s『メロンパンせんぱーい!!!』


出たよ1年後輩女子。

テンション高いっす。マジで。なんでそんなに元気なのか
七誌は疑問で疑問でしょうがないです。絶対カゼひいたことないだろ。
一通りいじられて「その袋に入ってるのメロンパンですよね~!?」とか言って

さっき執行部の後輩からもらった寄せ書きと
たこせんべいが入った袋を指さしました。

「ちげぇよ、たこせんだよほら!」って見せたら物欲しそうに見てくるので
あげちゃいました。ゼンブジャナイヨ。
他の後輩も欲しがるかなとおもったらそうでもなかったです。
まぁよかった。俺の分がなくならなくて。
っつーわけでたこせんかじりながら時間を過ごし
まだ面接試験あるのに忘れて後輩にボタンをほぼ全部渡し

写真をとりました。楽しかったです。
これでもう…高校生も終わr『面接の指導お願いします!』

感傷に浸る暇もなくさっさと学年主任の先生のところで面接指導いただきました。
自分の考え・面接での答え方の内容について指導いただきました。
面接官はどういう風に言わせてどうツッコむかという手法を
教えてもらったり、それに対応するためどんな論理を組むか。
そんなことの指導をまずいただきました。
それでいろいろ課題が見つかったので明日からまた
調べなおし・考え直しをしなければ。

キミは理科教員になってどんな授業がしたいの?


その授業の展開方法を考えてみたいと思います。
1つだけ案はあるのですがそれだけだと武器が
少ないですよね。もっといろいろ考えてみます。
授業としては「すっげー!」とか「へぇー」とか
思わせるような授業の展開をしていきたいとは思っています。
わかりやすいたとえ話を用いて繰り返し知識を定着させるような
感じの授業・実験がしたいですね。
一応中学教員…でしょうかね。
たとえば植物の根はなんで先端よりちょっと後ろ
が伸びるんだろう?っていう話もたとえ話で説明する感じで…

作られたばかりの細胞=赤ちゃん
先端の根=土堀りのプロと例えます。
ホントの先っぽから伸ばした場合
一番赤ちゃんが根っこの先頭に出てやわらかい肌で
土を掘ることになるってのはわかりますね?
生まれたばかりで未完全、そんでもって傷つきやすい
肌で土を掘らせるとかわいそう…というか傷がつきやすかったり
うまく掘れなかったりするわけです。

だから、その道のプロに先頭を任せ、ちょっと後ろから
細胞をつくってみんなで先頭の土堀りプロを後押しして
効率よく土をほり、根を伸ばすスペースをとる
という方法が一番だと植物は知っているから
このような根の伸ばし方をする…というね。

まぁ知識はないですし根拠もないですから
そこらへんはもう一度勉強しなおして
やっていこうと思っています。

まぁ合格できたらの話だがな!
面接9~10割とらないと合格できませんし。

まぁこの程度の頭しかないおバカさんなんで。
嘲笑ってもらって結構です。

それで先生からはまだ論理の組み立てが甘いと
言われました。同じことを言うのでも
さまざまなものを用い、それを参考にして1つの事象を
説明することとAはAだからAなんだ!
という1つのことにしかこだわらない一直線な
説明とでは人に納得させる点で大きな違いが出ると
教わりました。
後者は数学の証明でも絶対に点数もらえませんしね。

これはゲーム制作にもかかわりがあるんじゃないかな
とふと先ほど思いました。
自分のストーリーは見直してみれば
押しつけがましく…つまらない。
そんな感じにも見えたりするんですね。
あんだけ無駄にセリフが多いのもいただけない。

まぁホントは大体セリフはもっと短いけれど
あれくらいの長さにしないとBGMと場の雰囲気とテキストが
マッチしないからなんですけどね。

そこらへんの演出はもっとキャラを動かすだとか
間をうまく使うだとか、文字だけでなく
まだいろいろな手をつかって
おしつけがましい、つまらない。そんな
展開にしないようにしていこうと思っています。

小論文の指導を1か月以上もらって
多方面からものを見るということについての能力は
少しではありますがついてきました。

今度は人に教える・納得させる。
隙のない論理を組み立てる。
そのことについて面接練習を通して向上させていきたいですね。

落ちたらニートで使い道もないですが。
嘲笑ってくださってかまいません。
今やってることはおそらくムダになることですし。

んでは最後に後輩からもらった寄せ書きの一部…他人から見た七誌をご覧ください。

「表向きでは、めんどくさい。が口癖だったけど
実はテキパキ仕事をこなす人だってことは知ってました(笑)
頑張ってください!」

「めんどくさい、が口癖で弱音はいてたり
この人大丈夫かな?と思ったりしましたが
意外と仕事ちゃんとしてて頼れる先輩だなと思いました。」

「学校祭の最後に大泣きしてる先輩を見て
正直COOLだと思っていたので驚きました。」


とまぁ大体なんとなく気になった部分を書いてみました。

共通していることは
「めんどくさい」が口癖という認識ですね(笑)
あとは話す機会がなかったというのが大体でした。
さっさと仕事終わらせて帰ろうと思っていたのであまり
しゃべらなかったですしね。自分のセクションの後輩と
ちょっと話して指示してまた仕事して。
そんな感じで最後の学祭を過ごしました。

最後の学祭で失敗したことも成功したことも…。
こだわりを持て。ということを言葉なしに
七誌に教えてくれた先生とも出会い。
色々学んだ最後の学祭だったかな、と思いました。

あの時の俺を見て、みんなどう思ってたんだろう。
本当に頼れる先輩、だったのかなぁ?

少林寺拳法部からの寄せ書きは3月末の送別会でもらえると
思うのでまだまだ先ですが…。

高校生という区切りを終えて、社会人となるか浮浪者となるか。
まだ先は見えませんがもう少しだけ生きてみようかなと思いました。

ってまとまりねぇ文章だなオイ!
プロフィール

Author:七誌二世
ノース・アイランドゲーム制作日誌へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2掲示板
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。